BIOGRAPHY 01

デザイナー兼アーティストとして
様々な経験や実績を持つ。

海外在住アーティストPAYFORWARD(ペイフォワード) コンポーザーの
小西玲太朗は、かつてアニメーターとタッグを組んだ作品が第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞。
更に第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞。
ニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、
累計再生数は300万を超える。
また、グラフィックアーティストとしても活躍しており、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務めた。
人気アパレルブランドAndAではカットソー用のアート作品を提供。
韓国のアパレルメーカーにもアート作品を提供するなど、独自の世界観が注目される。

BIOGRAPHY 02

より広範な選択肢を得るために
起業を決意。

アーティストという枠に捉われず、
より広範な選択肢を得るためには資金が必要だと考え、起業を決意。
紆余曲折を経て年商30億を誇るグループ企業体を創り上げ、
2017年に社長業を引退。
人類のあるべき姿を模索するため日本から後進国のタイのプーケットに移住をする。

BIOGRAPHY 03

現在は、怒涛の勢いで駆け上がる
アーティスト。

その後、音楽レーベルを設立し自身の音楽活動を開始する。
活動開始から即座に渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴを超満員で大成功させ、独自性ある活動が評価され映画化が決定。
2018年にはアルバム4タイトルの全国同時リリースと出版も決定。また、タイの文化に触れたことで確信を得た「在るべき未来」を実現する為、九州某所に広大な更地と廃校を取得し自給自足の文化圏を持った村開発を始める。
怒涛の勢いで駆け上がるアーティスト。