日本を出る事にしました。

5月頭から急に考えるようになってもうほぼ決めました。9月には移住を済ませたいと思います。マレーシアに目をつけてます。
オフィスも買ってますしね。(これはぶっちゃけ関係ないけどw)

日本を出て目星をつけているあたりを視察してこようと思います。久々の完全一人旅です。

3月中頃から色々とソース源を変えて未来を予測する為の情報収集や思考にベクトルを変えてきました。

そして5月に入り自分の中で答えが降りてきた感覚があり、クルテルワンの海外事業展開の必要性と必然性を確信しました。既に近未来に対する施策にも取り組み始めました。


勝負の場を世界へ


同時に僕自身もアーティストとしての技術にフォーカスしクリエイティビティをもう一度追求したいと考えていたところで、まずはグラフィックアーティストとして次に音楽作家として、そして最終的に映像作家としてちょっくら世界で勝負してやろうと思っています。

グラフィックに関しては現役時代、海外のアパレルブランド等にアートを提供したりしていたので自分の作風は実は海外で評価が得やすい事も知っています。
とはいえ、既にトレンドのある先進国ではなく新興国で自分がトレンドのメインストリームになるようなそういった取り組みに積極的に挑戦したいと思ってます。

クルテルワンのエンドユーザー向けビジネスはそもそも海外へ翻訳してそのまま展開できるので、日本での展開のみに固執する必要もなく、問題は海外展開における経済的体力を今から消耗しながら新規事業として立ち上げる必要があるのかという天秤でこれまで後回しにしていましたが、逆に今から準備を進めておくことこそがリスクヘッジであるという考えに至りました。

まあ、様々な視点においていくつものリスクヘッジも兼ねているんですが。


より貪欲な経済活動と表現欲求を刺激する旅


本当に湘南は大好きで、移住してからもうすぐ2年経ちますがまだまだ毎日最高だなって常に思えてます。それでも移住しなければいけないと今では考えています。

自分の成長の為にも。自分を追い込む為にも。

湘南で十分羽も伸ばしながらも商売もガッツリうまくいったので、これからは新たな環境でクルテルワンの素晴らしい事業と僕だけのクリエイティビティを持ち込んで、より貪欲な経済活動と表現欲求を刺激する旅へと出ようという次第です。

若いうちにしかない体力や集中力、野心があると僕は考えています。

それらを鮮度あるうちに世界で使い倒したいと思うんです。

まだまだまだまだ俺は成長幅があると自分を信じれているうちに、僕は全力で難しい事に挑戦していって成長し続けたいと思います。


世界的評価という指標


クルテルワンの世界展開。

僕の創作活動の世界的評価。

この2点を軸に全力で攻め続けるつもりです。

もうお金はこれだけ稼げればいいやって思ってましたけど、これほど分かりやすい評価の指標はない事も確かです。

だから僕は改めて経済活動における欲求幅もガツンと基準をあげて、貪欲にクルテルワンのメディア事業と僕の表現活動を事業化したクリエイティブ事業でガッツリ遠慮なく稼ぎまくる事にしました。

僕は今はとてもワクワクしてるし、あなたにもワクワクを届けたいし伝えたい。僕のこれからを一緒に楽しんでくださいね。

この記事が役にたったらシェアしてね
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someoneShare on Google+Share on LinkedIn