Blog

2018.01.28
PRESS RELEASE

巨額流出被害にあっても、「倍返しで稼ぐぞ」とポジティブな意気込みに、尊敬の声

NEM

580億円相当の仮想通貨が取引所から不正に引き出される事件により、所持していた仮想通貨について多額の損失を被った小西玲太朗は、Twitterでもこの事件について、度々発言を繰り返していましたが、ネガティブな発言をすることなく、コインチェック、代表取締役社長・和田晃一良を応援していまし
た。

コインチェックは28日未明、不正流出した仮想通貨「NEM(ネム)」を保有する約26万人全員に対し、日本円で返金すると発表しました。
補償総額は日本円換算で約463億円。返金原資はすべて自己資金と公表しています。
大半の通貨の出入金や売買の中止は続いているが、今後も仮想通貨交換業者としての登録を目指す方針も明らかにしています。
この発表を受け、小西は新たにTwitterに投稿。

 

 

記者会見等での発表によると、補償時期や手続きに関しては「現在検討中」ということ。
果たして、小西の資金は無事に戻ってくるのか⁈
小西がTwitterで投稿した、コインチェックの件に関して、JOURNAL「Konishi Ryotaro Tweet Curation」にて詳しく説明してますので、是非ご覧ください。