Journal

10代よ、自分の人生にくるいたまえ
-Chapter21-

与沢会長との決別

 自分が関わって大きくした会社ということもあって、僕はFASのことが大好きだった。

 

 会社全体に勢いもあったし、子会社の社長もやらせてもらっていたし、自分自身に発言力も影響力もあるから、このまま続けていきたいと思っていた。一緒に働いている仲間も楽しかったし。

 

 ただ、だんだん与沢会長に振り回されることが増えてきた。意見が頻繁に変わり、その中には「それは違うんじゃないか?」と思うようなことも多くなってきた。

 

 莫大な利益が上がるのはいいけど、代表は遊び続けている。もちろんメディアに取り上げられるように計算して遊んだり、会社の知名度を上げるために遊んでいるんだったら構わない。

 

 ところが、途中から末端の社員たちを自分の遊びに付き合わせるようになってきた。そうなると実務が回らなくなる。それを僕らがフォローしなくちゃいけない。

 

 ただでさえ半人前の社員ばかりでこっちは苦労しているのに、そいつらの尻拭いをしなければならないのはけっこうキツイ。

 戦略の一環として遊びまわるのはいいけど、内部が崩れるような、マネジメントに影響するようなことはやめて欲しい。そんな思いが相当たまっていた。

 

 そんな中で新しいルールというのが突然言い渡され、その時に「ああ。会長はもう最初に掲げていたビジョンへの熱意はなくなったんだな」と悟った。これじゃあ、ずっと一緒にやっていくのは無理だなと考え、相当悩んだけど辞めるという判断に至った、

 

 辞めるときは「仕事や客を持って行くんじゃないか」と疑われて、もうグチャグチャ。嫌な思い出だ。

▼この書籍について

10代よ、自分の人生にくるいたまえ

連載期間
ジャンル
啓発