Journal

社畜なんて辞めちゃえば?
第4話

貴方を腐らせているもの(3)大きな変革期に、古い価値観を持ち続けることの危険

『現在は、古い価値観と、

 新しい価値観が入れ替わる変革期

 古い価値観の30代には将来はない』

 

 今、古い価値観で会社を動かしてきた人たちが、ようやく退場の時期を迎えている。

 以前の価値観では企業の維持、成長は望めなくなり、テクノロジーが前提になって会社を発展させる時代となっている。すでに世界は日本の企業より速く変化しているが、やっと古い価値観の人々が退場し、遅まきながら日本の企業も過渡期を迎えることとなった。

 臨機応変でスピーディーな経営を行っている企業だけが生き残る時代となり、優秀な経営者は当然そのことに気付いている。

 

 この価値観が一転しようとしている時期に、一か所にとどまりたい、大企業に就職したんだから、といった考え方をまだ持っていたとしたら、それは非常に危険なことだ。

 

 例えばあなたの上司。すでに、時代が変わっているのに、そこに取り残されないよう、懸命に目の前のルーティンをこなそうとする。当然、仕事はつまらなくて、会社から求められてもいないから覇気もなく、背中が淋しくなる。

 そういう存在を間近に見ている貴方も、同じつまらなさを感じていることだろう。

 そして、どうにか自分の生活の中に面白いものを探そうとするけれど、時間もないし、給料も低い。気分転換だと言って呑みに出かけ、上司の悪口を言う。しかし、それさえもルーティンになってしまう。

 次第に四方八方からがんじがらめになっていく。逃げ場がない状態だから、覇気もなくなって、人間的な魅力も失せていく。まさに負のスパイラルだ。

 

 貴方をダメにするこの負のスパイラルから抜け出す方法がある。社会の中で貴方だけのポジションを見つけることだ。

▼この書籍について

社畜なんて辞めちゃえば?

社畜なんて辞めちゃえば?

連載期間
2018/1/11
ジャンル
啓発