Journal

能ある社畜 独立前夜の企て
-Chapter1-

自分のタイプの発見(1)〜なぜ自分のタイプを知る必要があるのか〜

 僕はここまで、なぜ貴方がその貴重な30代の力を、貴方に何も与えてくれない会社のために使い、疑問も持たずに過ごしているのか。その殻を破る大切さ。そして30代の貴方が、その年代にだけ与えられている素晴らしい力について伝えてきた。
 ここから先は、何らかの決意が生まれたであろう貴方に対し、実際に新しい一歩を踏み出すために必要な、自分と世の中への新しい視点について伝えようと思う。今まで、貴方が全く持つことがなかった視点だ。


 新しい世界に足を踏み出す貴方が、最初に知らなければならないのは、自分がどのような人間なのか、を知ることだ。
自分のことは自分が一番知っている。貴方は特に意識せず、そう思っているかもしれない。しかしそれは間違いだ。貴方が、社会、他人の目にどのように映っているのか。それを一番知らないのは貴方自身だ。当然だ。貴方は自分の姿を他人の視線で観たことなどないからだ。
 貴方が社会においてどのような人材であるのか。すべては自分のタイプを知ること。ここから始めなければ、何も進めることはできない。


 世の中は、4つのタイプの人間でできている。そのタイプを知ることで、自分の属するコミュニティーに居る人物を冷静な目で俯瞰することができるようになる。まずはそのことについて伝えようと思う。

▼この書籍について

能ある社畜 独立前夜の企て

連載期間
2018/02/11
ジャンル
啓発