Journal

能ある社畜 独立前夜の企て
-Chapter13-

自分の武器を見つける(1)全ては自分が持っているものを理解することから始まる

 自分が上に上がっていかなければならないという時に最初に考えなくてはならないのは、自分の武器、ポジショニングを見つけることだ。
 自分がそのコミュニティーのなかで、どのようなポジショニングでいると、自然に昇っていけるのか、ということを知る必要がある。


 マインドマップを使った自分自身を紐解く方法がある。次のステップに向かう前に、貴方にも必ず実行してほしい。


 まず真ん中に自分の名前を書く。
 その周りに自分の構成要素をとにかく膨らませて書き出していく。
 ワクワクすること、好きなこと、小学校時代に熱中したこと。エピソードやトピックもとにかく書き出す。全部書き出す。
 僕はこの方法を、コンサルティングの時などによく参加者にもやらせる。とにかく真面目に全部書き出す。全部書き出して俯瞰してみる。そうすると、自分で自分の人物像が客観的に見えてくる。本当に自分を客観視するためには、少し時間を置く必要はあるが、まず
 「あれ?俺ってこういう人なんだ」
 ということが分かる。


 マインドマップには、自分でも気づかなかった自分が、すべて浮かび上がってくる。
 自分は本当は何が好きなのか。
 どんな瞬間に自然に力を発揮していたのか。
 そして、自分の武器は何か。
 自分を俯瞰することで、必ず見つかる。

 ただその見つけ方には、ちょっとしたコツがある。

▼この書籍について

能ある社畜 独立前夜の企て

連載期間
2018/02/11
ジャンル
啓発